ノーコードコラム

Bubbleの新料金プラン体系が公開

どうも、Evlick合同会社代表のけいです。

 

先程Bubbleの新料金プラン体系について発表されましたので、それについて解説していく記事を作成しました。今後月額の運用などに関わる重要な情報なのでしっかり理解しておきましょう。

(より詳細が発表され次第、さらに詳しい記事を公開します。)

(追記:現時点では確定された情報ではないため、Forumなどでユーザーの声を聞きつつプラン体系は確定されていくようです)

 

Bubble新料金体系

Bubbleの新価格プランの導入について

2022年3月23日、これまで基準としていた"Capacity"という概念ではなく、データベース内のアイテム数と月間ユニークデイリービジター数を主要な指標とする新しいプランセット(同価格帯または低価格帯)を導入する予定です。

 

この変更は、アプリケーションの拡張に伴い、ユーザーに対してより明確で予測可能な価格設定を提供するために行います。この新しいアプローチには、次のような利点があります。

  • 予測可能なコストで、よりスマートな長期計画を実現
  • メインクラスタの容量と機能の増加
  • 急成長するアプリのためのアップタイムの増加
  • エンドユーザーやデータの増加に伴い、アプリを拡張することが可能

このフォーラムの投稿では、この変更を行う理由と、現在の有料プランのアプリケーションへの影響について詳しく説明しています(要するに、既存の有料アプリケーションについては、少なくとも今年の年末までは何も変わりません)

 

Bubble新プラン体系

 

価格体系の変更理由

長年にわたるフィードバックに基づき、Bubbleの容量に基づく古い価格モデルは混乱を招く傾向がありました。私たちは当初、アプリをホストするための一般的なコストを包含する非技術的な用語として"Capacity"を導入しました。

しかし、容量が不透明であるため、ユーザーがアプリのアクティビティを予測することが難しく、容量の限界に達した場合にダウンタイムが発生する可能性があることに気づきました。

 

新しく導入された概念

新しいプランのセット

1週間後には、同価格または低価格の新しいPersonal、Professional、Productionの各プランを導入する予定です。これらのプランには、月間ユニークデイリービジターとデータベースアイテム/シングスという2つの新しい指標を導入します。また、これらの新しいプランでは、容量が大幅に増え(Personalでは15ユニット、Productionでは最大35ユニット)、アプリケーションが限界に達することはほとんどありません。

 

停止処置の代わりの従量制

新しいプロフェッショナルプランとプロダクションプランでは、オーバーエイジを利用できるようになりました。これまでの容量では、上限に達した場合、アプリが利用できなくなることがありました。私たちは、スケーリングビジネスには、サービスを中断することなくトラフィックの急増に対応できる、より柔軟なモデルが必要であると認識しており、プランの上限を超えた場合、従量制のオーバーエイジを許可するようになりました。

 

その他の変更点

また、ユーザーからのフィードバックを価格設定の他の側面にも反映させています。
プロフェッショナルプランとプロダクションプランの価格差が大きすぎるというご意見を何度もいただきましたので、プロダクションプランの価格を529ドル/月から359ドル/月へ引き下げました。
新しいProfessionalプランでは、コラボレーターを4人(旧プランでは2人)提供し、より多くのコラボレーションによってチームがより速くイテレーションできるようにします。
また、追加ストレージのコストを100GBあたり10ドルと、大幅に削減しました(現行プランの10倍)。
また、特に使用頻度の高いアプリケーションには、カスタム価格という概念を導入しています。

 

 まとめ

Bubble でアプリケーションを構築することで得られるお客様の信頼を大切にしており、この価格変更がすべての人にとってうまくいくようにしたいと考えています。大多数のアプリケーションにとって、この変更が正味の利益であり、お客様のアプリケーションがスケールアップするにつれて、より明確で予測可能な価格設定につながると確信しています。とはいえ、アプリケーションの中には、特定の使用パターンを持つために価格が大きく変わってしまうものがあることも承知しています。このカテゴリーに該当するお客様には、今後数カ月の間にご連絡を差し上げ、お客様の状況について話し合い、Bubble の使用を継続できるようにするための方法を検討します。また、いつでも support@bubble.io までご連絡ください。

 

 

こちらもおすすめ

-ノーコードコラム
-,

© 2022 Bubble Challenge ノーコード開発の全て