月刊レポート

月刊Bubble ~ 2021年12月版

こんにちは、けいです。

このシリーズではBubbleのフォーラムで毎月投稿される月次レポートを、日本人ユーザー向けに翻訳 & 書き直したものです。

日本のBubbleエンジニアにも、Bubbleのアップデートや最新の情報をお届けするので、お楽しみください。

2021年11月版(先月)をまだご覧になっていない方はこちらから

12月版の元記事は、下のリンクからご覧いただけます。

12月アップデート

 

忙しい方向けの今月のアップデート

  • 新レスポンシブエンジンのさらなるアップデート
  • No-Code Confでのノーコード業界の盛り上がり
  • 紹介プログラムの正式リリース

 

新メンバーのジョイン

今月は、リーダーシップチームに2名の重要なメンバーが加わりました。Colleenが組織構造リーダーとして、Eyalが財務のリーダーとして加わりました。これは、会社の規模を拡大し、前回の資金調達で得た資金を効果的に展開するための重要なステップであり、彼らがチームに加わることに大きな喜びを感じています。これまでの更新で述べたように、組織としてのBubbleを築くことが私たちの最優先課題であり、各機能に経験豊富なリーダーを迎えることは、その面での大きな勝利となります。

 

今月のもうひとつの大きな焦点は、新しいレスポンシブエンジンのベータ版の立ち上げです。これは非常にエキサイティングで、バグの調査と修正、フィードバックの追跡と優先順位付け、ドキュメントの改善など、チームに膨大なフォローアップ作業を発生させました。その前に、未解決のバグをすべて修正し、これまでのフィードバックに基づいた使い勝手の改善や機能の追加を行いたいと考えています。

もちろん、他のポジションについても常時募集中です。上記のリーダーシップ採用に加え、Bubbleの開発者としてマリアが加わりました。募集中の職種はこちらでご覧いただけます。特に、テクニカルプロダクトサポートスペシャリストのポジションに注目してください!Bubbleの奥深さを知り、プラットフォームを徹底的に学びたい方には最適です

 

今月の変更点

前述したように、今月の大きな変化はレスポンシブベータのリリースです。最初のリリースに加え、今月は数多くのバグフィックスとユーザビリティの改善を行いました。

また、新システムのさまざまな側面を紹介する8本のチュートリアル・ビデオを制作しました。これらのビデオは、ビデオページのQuick Tipsセクションの一番上にあります:ベータ版のローンチに関するものは、「New Responsive」のフレアーを探してください。

また、コミュニティが作成した素晴らしいコンテンツにも大変感謝しています。このチュートリアルの大きなスレッドをまだご覧になっていない方にお知らせしたいと思います。

最後に、簡単な注意事項とリマインダーです:大きくて複雑なページを古いレスポンシブ・システムから新しいシステムにアップグレードするには、多くの作業が必要です。変換アルゴリズムの改善を検討していますが、2つのシステムが互換性のない方法で動作しているため、完全に自動で行う方法はなさそうです。そのため、以下のことを強くお勧めします。

  • 一度に1ページだけ変換し、必要に応じて簡単に古いレスポンシブエンジンに戻せるように、必ず古いページのコピーを保存してください(自動的に保存するオプションもあります)。
  • ページの変換には十分な時間をかけ、変換を完了することでアプリのリリースや重要なマイルストーンが滞るような状況に陥らないようにします。
  • 新しいシステムにはバグがあるので、本番環境に導入する前に十分にテストし、一時的にブロックに当たる可能性があることを想定してください。

レスポンシブエンジンの開発に加え、私たちはパフォーマンス面でも積極的に取り組んできました。大きな成果はまだ出ていませんが、特定のRepeating Groupに対するクエリの最適化ワークフローの多いページの全体的な速度改善、Reusable Elementを多く使用するページのエディタパフォーマンスの改善など、今月中に多くの小さな改善をリリースしています。

また、"Element isn’t pressed"という状態が正常に判定されなかった問題の修正、"current user is logged in"と""has accountの表現の明確化など、小さな製品品質の改善も継続的に行っています。

コミュニティの面では、ノーコード運動の拡大にも力を注いでいます。

 

  • Webflowと共同で開催したNo-Code Conf 2021では、Emmanuelや当社の製品担当副社長Allenとディスカッションを行いました。ノーコード企業が団結して、従来のソフトウェア開発に打ち勝とうとしている姿に、私たちは興奮しています
  • 私たちは、ブートキャンプの規模を拡大し、現在では3つの異なる形式のクラスを提供しています。
  • ソーシャルメディア広告にも積極的に取り組んでおり、Bubbleの広告を目にする機会も増えています。ノーコードの重要性をより効果的に伝える方法についてご意見があれば、ぜひお寄せください。
  • 紹介プログラムを開始します。多くの方が金銭的なインセンティブに関係なくBubbleを他の方と共有してくださっていることを承知していますが、私たちは感謝の気持ちを具体的にお伝えしたいと思います。Bubbleにログインし、 “My Account” → “Marketplace”の下にある、あなただけの紹介リンクを作成し利用してください。あなたのリンクを使ってBubbleにサインアップした人が有料プランに加入すると、その人とあなたの両方に15ドルのBubbleクレジットが贈られます。
  • 12月16日のImmerse Demo DayにRSVP!
  • いつも通り、ブログでApps of the Day、ユーザープロフィール、その他皆さんが作っている素晴らしい作品についてのストーリーをチェックしてください。

数値的データの報告

バグレポートやsupport@bubble.io を通じた新しい会話:7,189 件(11.4%増)。

メッセージの平均初回応答時間。営業時間内で4時間40分 (6.9%増)

メッセージの平均応答時間 営業時間中 4時間37分 (13.1%増)

エンジニアリングチームが調査しているオープンチケット 80

そのうち、7日以上開いているチケット。44

 

懸念点

サクセスチームとエンジニアリングチームでは、全体的なレスポンスタイムを改善するための取り組みを続けています。先月のアップデートで述べたように、私たちは多くのプロセスの変更と改善を行い、それが役に立っています。とはいえ、今月は大変でした。レスポンシブ・ベータ版のリリースによりサポート件数が急増したことに加え、インフラや技術の改善作業により新たなバグが多数発生し、チームの総ワークロードは大幅に増加しました。そのため、レスポンスタイムの短縮を目指したものの、結果的にレスポンスタイムが若干長くなってしまいました。

現時点では、短期的に最も大きなテコ入れをすべきは、採用だと考えています。新しい人事担当副社長の協力を得て、サクセス・チームの採用戦略を見直すとともに、多くの募集職種に外部のリクルーターを導入しています。また、品質保証部門への投資も継続しています。外注パートナーは今のところ順調で、品質保証部門を当社のエンジニアリング・ワークフローに統合するためのさらなるステップを踏んでいます。

ビジネス面では、マーケティングとビジネスの基礎に力を入れており、より積極的に取り組んでいく予定です。ノーコードコミュニティの拡大とユーザーベースの拡大は、非常に重要だと考えています。ノーコード運動は、ソフトウェア開発方法に対する社会の認識を根本的に変えることができる重要な転換点にあり、Bubbleが主要プレーヤーとなるために十分な速さで成長することを確認したいと考えています。私たちは、現在のコミュニティのためにできる最も重要なことは、Bubbleのエコシステムが活気に満ち、堅牢で、長期にわたって成功することを保証することだと考えています。つまり、Bubbleが財務的に機能するだけでなく、ワールドクラスの人材をチームに惹きつけ続けられるだけの収益成長を実現し、エコシステムに参加することが望ましいと思われるだけのユーザーを惹きつけることができるようにすることです。現在、マーケティングチームには7つのポジションがあり、数ヶ月後には新メンバーを迎える予定です。

 

現在進行中の取り組みに関する最新情報

データの読み込みとレンダリングに焦点を当てた、私たちの主要なパフォーマンスの追求は続いています。

  • 非表示のエレメントの処理方法の最適化については大きな進展がありました。現在の主な障害は、これらの変更を安全に展開できるよう、テストカバレッジを拡大することです。
  • 各Bubbleページの完全なデータ依存グラフを構築し、それを使ってこれまでよりもはるかに多くのデータを前もって読み込むという野心的なプロジェクトに取り組んでおり、これにより、検索やRepeatingGroupの多い複雑なページの読み込み時間を大幅に短縮できます。
  • HTMLやCSSをオンザフライではなく、前もって生成するアプローチをとっているため、レンダリング速度の大幅な向上が期待できることを実証しているのです。

 

パフォーマンスに関する作業に加えて、以下のような作業も行っています。

  • QA: アウトソーシングパートナーにより、169の新しいテストが構築されました。
  • バージョン管理の信頼性:今月はいくつかのバグフィックスをプッシュし、引き続きテストの構築とバグの修正を行っています。
  • コードのタイプスクリプトへの移行: 今主に進めているのは、coffee-scriptからjavascriptへの変換です。私たちのコードベースの56.7%はカフェイン抜きです。
  • マジックリンク機能の小さな改良に取り組んでいます:これらの改良は構築済みで、現在レビューとテストを行っています。

上記のように、私たちは新しいレスポンシブエンジンの完全なリリースに向けて作業を続けています。

バブルのスタッフ一同、皆様にとって素晴らしいホリデーシーズンとなりますように

 

この記事のまとめ

いかがでしたでしょうか?

新レスポンシブエンジンはみなさん慣れてきましたか?僕なりの新レスポンシブエンジンについて最大のメリットだと感じるのは

要素の追加・削除時のページ全体レイアウト調整が格段に簡易化(というより不要)

という点です。これまで、例えばページの上の方に新しいセクションGroupなどが追加されると、それよりも下にあるエレメントを全て下にずらして、ページ高さも変更しなければいけませんでした。

それが今回のアップデートにより、ワンクリックで自動でページ高さやエレメントの位置を調整してくれます。構築や修正が本当に早くなったと思います。ぜひ使いこなせるようになってみてください!

 

それではこれで2021年版の月刊アップデートの記事は締めくくりです。今年も1年ありがとうございました。

2022年は、もう少し別の企画などで、Bubble特化のこのブログを盛り上げていきたいと考えておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 

Twitterではさらにリアルタイムで情報も扱っていますので、ぜひご確認ください。

Bubbleの開発やコーチングのご相談もお気軽に。

Twitterプロフィールへ

こちらもおすすめ

-月刊レポート
-, ,

© 2022 Bubble Challenge ノーコード開発の全て