月刊レポート

月刊Bubble ~ 2021年7月版

こんにちは、けいです。

このシリーズではBubbleのフォーラムで毎月投稿される月次レポートを、日本人ユーザー向けに翻訳 & 書き直したものです。

日本のBubbleエンジニアにも、Bubbleのアップデートや最新の情報をお届けするので、お楽しみください。

2021年6月版(先月)をまだご覧になっていない方はこちらから

元記事は、下のリンクからご覧いただけます。

monthly202107

 

忙しい方向けの今月のアップデート

  • BubbleがついにBubble.comのドメインを取得
  • NFT関連のプラグインリリース
  • 過去最高の人員強化施策の実施

 

採用強化について

6月は採用活動に力を入れています。6月はチーム全体で410回の面接を行いました。また、15の職種で採用を行っており、これは会社としての新記録です。募集職種は、カスタマーサクセス(経験豊富なBubblerを募集)、プロダクトマネジメント、プロダクトデザイン、エンジニアリングのほか、リーダー職もあります。私たちはニューヨークを拠点としていますが、リモートでの採用も可能です。特にサクセスチームや、エンジニアリングやプロダクトチームの経験豊富な人材を対象としています。

採用活動の弊害は、プロジェクトの進行を遅らせることです。新しいチームメンバーを迎え入れ、面接を行い、リクルートマシンを稼働させるには、多くの時間と精神的な余裕が必要となります。しかし、6ヵ月後の当社は、現在の当社とはまったく違った姿になっているはずです。ポジションをクローズし、新しいチームメンバーを迎え入れることで、これまでとはまったく異なる規模で物事を成し遂げることができるはずです。

 

今月の変更点

今月行った技術的な変更の多くは、基礎的なものでしたが、中にはかなりインパクトのあるものもありました。

API Connectorがエラーを起こした際にリクエストを再試行する方法を改善し、信頼性を向上させました。

API経由で返されたデータの処理方法を改善しました(パフォーマンスの向上)。これまでの処理方法では、APIリクエストが大量の容量を消費したり、特定の条件下で非常に長い時間を要したりする問題がありました。この問題は現在修正されており、一部のユーザーのAPIコールに大きな影響を与えています。

また、S3にファイルを保存する際に、ファイル名を変更する機能を追加しました。

バージョン管理に関するいくつかのバグを解決し、この機能の信頼性は2ヶ月前に比べてかなり向上したと考えています。まだまだ作業は続いていますが、マージでおかしな結果になっていたケースの多くは、今ではうまく機能しています。

Bubble側で行った変更に加えて、我々はNexusと提携して、Bubbleのノーコードツールを使って分散型ブロックチェーンのDApps、スマートコントラクト、NFTを作成するためのプラグインをリリースしました

バグ処理のプロセスを継続的に改善しており、その結果、バグレポートの解決にかかる時間はここ2、3ヶ月で着実に短縮されています。今月の大きな変更点は、"Frontlines "サポートチームがバグレポートのトリアージを行うようになったことです。最初から解決策を提示したり、より詳しい情報を求めたり、あるいはバグ調査チームである「バックライン」にエスカレーションされたことをお知らせしたりします。以前は、すべてのバグレポートが直接「Backlines」に送られていました。Backlinesはトリアージと調査を交互に行う必要があったため、いくつかの問題が発生し、処理が遅くなっていました。今回の変更により、ユーザーの皆様に迅速で質の高い対応を提供できるようになりました。

さらに、Bubbleをベースにした自社製CRMへの投資も継続して行っており、今月はアカウント管理とセールスフローを可能にする機能を追加しました。

 

コミュニティの新コンテンツ

コミュニティのために素晴らしい新コンテンツをリリースしました。

17件の「App of the Day」ポストを追加し、Bubbleで作られた様々なものを紹介しました。

ビデオライブラリに9つのQuick Tipsを追加しました。ここでは、その中でも注目すべきものをご紹介します。"How to Name Your Elements"

ノーコードスタックで500万ドルの資金調達を行ったTealのストーリーを紹介しました。私たちは、資金調達に成功したユーザーのストーリーを紹介するのが大好きです。なぜなら、投資家がノーコードを従来のソフトウェア開発に代わる実行可能な手段と見なしていることが証明されるからです。

ノーコードの正当性が高まっているといえば、私たちはノーコードをより主流にするために小さな貢献をしました。私たちはbubble.comのドメインをついに取得しました。(直近ではメインのドメイン名として採用する予定はありません)

また、学生団体「NoCode」が大学のキャンパスで急速に拡大しており、学生たちがアプリ開発者としてお金を稼ぎ始めていることも報告します。

最後に、採用面では、Yanaをエンジニアリングチームに迎えることができました。また、今年の夏以降に入社する、採用担当者からのオファーもありました。

 

数値的データの報告

以下に、今月の数値についての報告をします。

 

バグレポートまたは support@bubble.io を通じての会話数:11,008 (48.5%増)

受信したメッセージの総数 10,161件 (5.7%増)

メッセージに対する平均応答時間 営業時間内で1時間53分(17.5%増)となりました。

エンジニアリングチームにエスカレーションされたバグレポートの解決にかかる時間:未解決のバグと先月解決されたバグの平均寿命は3.0日(3.8日から減少)。

 

今後の方針

Bubbleの信頼性については、引き続き注意深く調査しています。今月は先月ほど良くありませんでした。

いくつかの悪影響のあるリリースがあり、機能やパフォーマンスの問題が発生しました。とはいえ、3~4ヶ月前に比べれば、まだ良い状態にあると言えます。

エンジニアリングチームでは、プロセスの変更を行っています。これを展開するには時間がかかりますが、今後のリリースの質を向上させることができるでしょう。

 

懸念点

信頼性の面では、上述のAPIパフォーマンスの改善を行った際に多くの問題が発生し、一部のアプリで深刻な問題が発生しました。この問題には失望しています(ただし、コードが公開されたことは喜ばしいことです)。

昨晩の短時間の停止を除けば、システム全体のダウンタイムはありませんでした。また、バグ解決のタイムラインが短縮されたことも喜ばしいことです。エンジニアリングチームの時間を効率的にトリアージし、配置することができるようになりました。

社内で議論していたことのひとつに、エンジニアリングの取り組みをより集中的に行うことがあります。たくさんの新しいプロジェクトを立ち上げても、中には時間がかかったり、停滞したり、リソースの問題があったりして、タイムリーに終了しないパターンがあることに気づいたのです。多くのユーザーからの要望があり、すでにかなりの成果を上げているだけに、残念でなりません。

私たちは今後、四半期ごとの目標をより厳密に設定しようとしています。集中と選択をし、それに対してより多くのリソースを投入します。今年の第3四半期は、エンジニアリング面ではランモードアプリケーションのパフォーマンスに重点を置いています。すでに進行中のプロジェクトは継続しますが、新規プロジェクトの立ち上げはより慎重に行い、リソースをパフォーマンス関連の取り組みに振り向けるつもりです。

40人規模の会社を運営することは、少し前までの5人規模の会社を運営することとは全く異なります。幸いなことに、他のテクノロジー企業のネットワークから多くの素晴らしい指導や助言を受けており、今年の残りの期間がどのように展開されるのか楽しみです。

 

現在進行中の取り組みに関する最新情報

現在、いくつかの即効性のあるプロジェクトの検討段階にありますが、現在進行中の新しいプロジェクトはありません。

現在進行中の取り組みについてはこちらをご覧ください。

  • バージョン管理の信頼性:いくつかのバグ修正を行いました。また、マージの影響を理解しやすくするために、ユーザーフレンドリーなインターフェースへの変更を継続して行っています。
  • ブートキャンプ:この取り組みは成功しており、今後も継続して投資していきたいと考え、今後の管理のために新しい社内チームを立ち上げました。
  • コードの一部をTypescriptに移行:現在、夏の終わりを目標にしています。
  • SelectPDFの置き換え:上述の通り、一時停止しています。
  • 新しいレスポンシブデザイン・エンジン:先月、基本的には構築が完了し、ユーザーテストを行っていることをお伝えしました。いただいたフィードバックをもとに、新たな気付きがあり、最終的な結果を大幅に改善すると思われるいくつかのアイデアを思いつきました。主な変更点は、異なる種類のコンテナを異なるレイアウトアルゴリズムで使用できるようにすることです。これはプロジェクトを少し遅らせる価値があると考え、この新機能を実装するためにスケジュールを約1ヶ月遅らせました。

 

エディターの完全な再設計は、まだテストとバグ修正の段階にありますが、今夏にはユーザーの皆様とのアルファテストを開始できる予定になっています。

私たちは、この数ヶ月の間にチームが行ってきたすべてのハードワークと、バブルコミュニティで行われているすべての信じられないほどの構築に、とても感謝しています。皆さんにとって素晴らしい7月になりますように。

 

この記事のまとめ

いかがでしたでしょうか?

ついにBubble.comのドメインを取得したのはとても嬉しいですね。しばらくはBubble.ioのままのようですが、サービスとしてこれから加速していく大きな要因になりそうです。

レスポンシブの取り組みについては、しばらく前から紹介していますがいよいよテストが裏では開始されているようです。

こちらも目が離せなく、毎月の報告が楽しみです。

 

以降もBubbleの月刊アップデート情報や、国内事例の紹介などをわかりやすく解説していきますので、役に立った方はぜひシェアお願いします。

また、この記事を翻訳してほしい、などといったご要望もお気軽にご相談ください。

 

Twitterではさらにリアルタイムで情報も扱っていますので、ぜひご確認ください。

Bubbleの開発やコーチングのご相談もお気軽に。

Twitterプロフィールへ

こちらもおすすめ

-月刊レポート
-

© 2021 Bubble Challenge ノーコード開発の全て