月刊レポート

月刊Bubble ~ 2021年6月版

こんにちは、けいです。

このシリーズではBubbleのフォーラムで毎月投稿される月次レポートを、日本人ユーザー向けに翻訳 & 書き直したものです。

日本のBubbleエンジニアにも、Bubbleのアップデートや最新の情報をお届けするので、お楽しみください。

2021年5月版(先月)をまだご覧になっていない方はこちらから

元記事は、下のリンクからご覧いただけます。

monthly202106

 

忙しい方向けの今月のアップデート

  • RichText Editorの大幅改善
  • ログイン失敗時の挙動(⇦これセキュリティ面で結構大事です)
  • hiding ruleの廃止予定

 

先月は、たくさんの発表がありました。今月は、注目すべき変更点がいくつかあるものの、大きなアップデート情報はない月になりました。全体的には、チームにとってかなり落ち込んだ月となり、今年の残りの期間のための基礎固めにエネルギーを費やしました

 

今月の変更点

プロダクトの面では、以下の変更点があります。

  • ご要望の多かったエラー処理の改善を含む、APIコネクターの機能改善(参考記事)
  • リッチテキストエディタープラグインのパフォーマンスを大幅に改善しました。まだ完璧ではありませんが、先月ほどの作業開始時よりもはるかに良い状態になっています。
  • ログイン失敗の処理方法のセキュリティ改善 (参考記事)

また、さまざまなドキュメントや教育リソースにも投資しています。

  • Fundamentals bootcampが公開されました。これは、具体的なアプリのアイデアを持っていることを必要としませんが、スキルセットを構築したいと考えているバブルの初心者にとって、素晴らしい出発点となります。
  • 無料の「バブル入門」ウェビナーに、2つ目の時間帯を追加しました:木曜日午後4時(米国東部時間)。エディタのデモ、Todoアプリのライブビルド、質問への回答など、Bubbleを初めて使う方に最適な内容となっています。
  • Bubbleで作られたプラグインのドキュメントを更新しました。ドキュメントに使用するテンプレートを標準化し、セットアップガイドとFAQセクションを追加しています。
  • ワークフローの実行に関するフォーラムの投稿が多くの方に参考になりました。
  • 新たに8本のクイックヒントビデオが公開されました。ここでは、「First Item operator 」に関するビデオをご紹介します。
  • App of the Day を2本公開しました。あなたの作ったアプリが紹介されていたら、どんどん教えてください。

新メンバーの増員

また、新しいメンバーも増えました。ロザリーはグロースチームに加わり、ブートキャンププログラムに取り組んでいます。

メーガンもインターンとしてグロースチームに加わり、キャンパスアンバサダープログラムに取り組んでいます。

ヘンリー、アンドレス、パトリック、ジェリーは素晴らしい仕事をしてくれています。ヘンリー、アンドレス、パトリック、ジェリー、素晴らしい仕事をしてくれてありがとう。

また、今年の夏にインターンとして参加してくれるヤッシュ、ジョシュア、ニスリーン、ピーターを迎えることができて、とても嬉しく思っています。

 

数値的データの報告

以下に、今月の数値についての報告をします。

 

バグレポートまたは support@bubble.io を通じての会話の総数:5,769 (11.7%減)

受信したメッセージの総数 9,777件 (7.5%減)

メッセージに対する平均応答時間 (営業時間内で1時間32分、変化なし)

エンジニアリングチームにエスカレーションされたバグレポートの解決にかかる時間:オープンバグと先月解決したバグの平均寿命は3.8日(4.0日から減少

 

今後の方針

Bubbleの信頼性については、引き続き注意深く調査しています。今月は先月ほど良くありませんでした。

いくつかの悪影響のあるリリースがあり、機能やパフォーマンスの問題が発生しました。とはいえ、3~4ヶ月前に比べれば、まだ良い状態にあると言えます。

エンジニアリングチームでは、プロセスの変更を行っています。これを展開するには時間がかかりますが、今後のリリースの質を向上させることができるでしょう。

 

現在の取り組み

  • これが「新しい」と言えるかどうかはわかりませんが、障害となっていた資産構築システムの作業が終了したので、バージョン管理の信頼性向上のために作業を再開しています。これは、一連の対象的なバグフィックスに加えて、アルゴリズムの改善や、より使いやすくするための製品作業を行っています。
  • コードの一部をTypescriptに移行するプロジェクトを開始しました。これはすぐにユーザーに影響を与えるものではありませんが、リリース前に積極的にバグを捕らえたり、コードをより迅速に書いてデプロイすることが容易になります。
  • 私たちは、Bubbleの成功例に関する一連のケーススタディを構築しています。私たちは、収益目標の達成、外部からの資金調達、月間アクティブユーザー数の増加など、ビジネス上のマイルストーンを達成した企業を探しています。もしあなたがそのような企業で、あなたのストーリーを私たちと共有したいと思われるなら、ぜひご連絡ください。

現在進行中の取り組みに関する最新情報。

残念ながら、プロジェクトを推進していたインターンが終了する前に、SelectPDFの代替製品をリリースすることができませんでした。

多くの方がこのプロジェクトを楽しみにしていたことは承知していますし、私たちもこのプロジェクトを完成させるつもりですが、再びスタッフを配置できるようになるまで休止せざるを得なくなりました。

スケジュールが長引いた原因のひとつは、シニアエンジニアに必要な時間を十分に割り当てられなかったことにあります。

この件については申し訳ないと思っています。このニュースは、多くの人が期待していたものではないと思います。

作業再開の時期についてはまだ確約できませんが、スタッフを配置できるようにしたいと考えています。

 

新しいレスポンシブデザインエンジンについて

新しいレスポンシブデザインエンジンは基本的に構築されており、現在はユーザーテストを行い、フィードバックに基づいて改良を重ねています。

感覚的には、現状よりも大幅に改善されていると思いますが、魔法の弾丸ではないので、学習曲線や完全に直感的ではない要素があることは否めません。新しいシステムは従来のシステムとよく似ています。1つのタブで要素を自由に描き、別のタブでレスポンシブ動作を微調整することは変わりません。

主な違いは、基本的なアルゴリズムがCSSに基づいていることで、レンダリングがより速くよりスムーズになっています。新しいCSSアルゴリズムを使用することで、機能の調整が容易になりました。

これを利用して、非表示ルールを段階的に廃止し、レイアウトから要素を削除するかスペースを残すかを選択できる単一のタイプの非表示に変更したり、レスポンシブタブでマージンを手動で調整できるようにしたり、より直感的なレイアウトオプションを追加するなどの改善を行いました。

いずれにしても、これらの機能にはまだ少しずつ調整を加えていますが、現時点では急激な変更はしないつもりです。満足のいくものができたら、テンプレート制作者にプレビューしてもらい、新しいシステムへの移植を開始してもらう予定です。

エディターの完全な再設計は、夏にユーザーとのアルファテストを開始する予定で、まだ順調に進んでいます。

 

採用情報

現在、ビジネスのあらゆる面で積極的に人材を募集しています。特に、EU在住でバブル期の経験がある方をサクセスチームで募集しています。該当する方で、当社での仕事を希望される方は、ご応募ください

私たちは、チームが一丸となっていることに興奮しており、今後数ヶ月のうちにもっとエキサイティングなことを発表できることを楽しみにしています。

 

この記事のまとめ

いかがでしたでしょうか?

今月はあまり大きなアップデートはなかったようですね。

ちなみに余談ですが、Bubbleではこういった毎月のレポートに加えて、タイムリーにリリース情報を投稿し続けているページがあります。

それが、New features & releases です。ここに来ると、いつどんなアップデートがされたのかを非常に細かく確認することができます。

時間の空いた時にでも確認してみると面白いかもしれません。

 

それでは以上が6月分のアップデートレポートでした。

以降もBubbleの月刊アップデート情報や、国内事例の紹介などをわかりやすく解説していきますので、役に立った方はぜひシェアお願いします。

また、この記事を翻訳してほしい、などといったご要望もお気軽にご相談ください。

 

Twitterではさらにリアルタイムで情報も扱っていますので、ぜひご確認ください。

Bubbleの開発やコーチングのご相談もお気軽に。

Twitterプロフィールへ

こちらもおすすめ

-月刊レポート
-,

© 2021 Bubble Challenge ノーコード開発の全て