月刊レポート

月刊Bubble ~ 2021年11月版

こんにちは、けいです。

このシリーズではBubbleのフォーラムで毎月投稿される月次レポートを、日本人ユーザー向けに翻訳 & 書き直したものです。

日本のBubbleエンジニアにも、Bubbleのアップデートや最新の情報をお届けするので、お楽しみください。

2021年10月版(先月)をまだご覧になっていない方はこちらから

11月版の元記事は、下のリンクからご覧いただけます。

11月アップデート

 

忙しい方向けの今月のアップデート

  • 新レスポンシブエンジンのオープンベータ版リリース
  • Bubbleで作ったスタートアップが、Bubbleで作られたスタートアップを買収した
  • Bubbleネイティブアプリ化の完全ガイドの公開

 

新レスポンシブエンジンのリリースについて

10月末までにリリースするという目標は達成できませんでしたが、無事にオープンベータ版をリリースできました。

コアとなる機能はすべて完成しており、現在取り組んでいるのは、小さなバグフィックス、テスト中に寄せられたフィードバックや混乱に基づくユーザーインターフェースの微調整、ドキュメントの作成などです。

 

新レスポンシブエンジンの特徴

今回のアップデートは、これまでの製品開発の中で最もエキサイティングなものです。主に3つの利点があると考えています。

  • スピードと使いやすさ:現在のレスポンシブ・エンジンでは、正しいレイアウトにするために多くの試行錯誤と調整が必要ですが、新エンジンでは、どのように動作させたいかを正確に指定するだけでよいので、非常に簡単です。
  • 機能:新エンジンは、旧エンジンよりも柔軟性が高く、幅広いレイアウトに対応しています。また、拡張も容易なので、追加すべき重要な機能がある場合には、後続の改良を迅速に行うことができると期待しています。
  • パフォーマンス:新エンジンで作成されたページのレンダリングは、旧エンジンに比べて大幅に高速化されています。ユーザーがアプリケーションを変換する際に、ページの読み込みやサイズ変更時の要素の描画速度が大幅に改善されていることを実感できると思います。

 

ただし、注意点として、新エンジンの習得には時間がかかります。従来のエンジンと比べて習得が難しいとは思いませんが、異なるものであり、必ずしもシンプルではありません。

そのため、広くリリースする前にビデオやドキュメントを完成させたいと考えています。このエンジンは学ぶ価値があり、Bubbleでのレスポンシブレイアウトの構築が劇的に改善されると思います。

 

採用について

今月のもうひとつの大きなテーマは、ここ2、3ヶ月同様、採用です。3人の新入社員がチームに加わり、来月以降に入社する人のために多くの求人情報を提供しました。どうぞよろしくお願いします。

ShravanとAlex、エンジニアリングチームに参加
マーケティング&グロースチームに加わったTheo

チームへの参加に興味のある方は、こちらのリストをご覧ください。特に、コミュニティの皆様からのご協力をお願いしたい2つの役割があります。

アソシエイトベテランのプロダクトデザイナー:Bubbleエディターとホームページを次のレベルに引き上げるために協力してください。

ビデオプロデューサー:素晴らしい教育コンテンツやビデオの制作を手伝ってください。

 

今月の変更点

製品面では、今月もあまり動きがありませんでした。というのも、現在取り組んでいることのほとんどが、来月以降にリリース予定の大規模な取り組みだからです。しかし、地理検索ボックスに地名へのアクセスを可能にする優れた機能を追加しました。これにより、地名に関連する多くのワークフローの構築が容易になります。

コミュニティ面でもいくつかのアップデートを行いました。

 

数値的データの報告

バグレポートまたは support@bubble.io を通じて交わされた会話の総数:7,026 件(8.3%減)。

バグレポートまたは support@bubble.io を通じて新たに寄せられた会話数:6,564 件(8%減)。

メッセージに対する平均初回応答時間 営業時間内で3時間30分(77.5%増

メッセージへの平均応答時間 営業時間内に3時間43分(48.7%増

エンジニアリングチームにエスカレーションされたバグレポートの解決にかかる時間:オープンバグと先月解決したバグの平均寿命は8.7日(6.1日から増加

 

懸念点

今月、社内で最も注目したのは、コードリリースのリズム、品質保証、ユーザーの重要なバグを調査してエスカレーションするためのパイプラインでした。社内やフォーラムでは、コードをリリースする頻度や、ユーザーのアプリケーションで何か不具合が発生した場合にタイムリーに対処できるようにすることについて議論してきました。

この議論のきっかけとなったのは、今月に入ってから、バグが本番環境に持ち込まれたり、さらには、不具合に気づくのが遅かったために、予定していたクラスタにバグが持ち込まれたりしたケースがいくつかあったことです。

この問題を社内で検討した結果、問題の多くは、サクセスチームからエンジニアリングチームへのバックプレッシャーが不十分であったことが原因であることがわかりました。つまり、より多くのコードをリリースすると、より多くのバグが発生し、バグレポートが増え、サクセスチームが遅れをとることになりました。

遅れをとると、バグレポートへの対応時間が長くなり、エンジニアはバグのあるコードをリリースしているというフィードバックを受けにくくなり、すでに出荷されたコードの問題を修正することに二の足を踏む代わりに、より多くの新しいコードをリリースすることになってしまいました。

戦術的には、事態を把握してすぐに、重要なバグフィックスを除くすべての新規デプロイメントを数日間停止し、サポートチームが追いつくチャンスを与えました。サポートチームは、増え続けるレポートを処理するために、全力で取り組みました。事態が収束した後は、今後同様の事態が起こらないように、プロセスや自動化をいくつか変更しました。

 

  • メールクライアントにいくつかの新しい自動化機能を追加し、サポートチームの仕事をより効率的に配分し、質問やバグ報告をより早く把握できるようにしました。
  • バグのエスカレーションプロセスを合理化するために、社内ツールと通知システムを構築しました。
  • パフォーマンスやインフラに関するチケットの処理を効率化するために、新しいサクセスエンジニアリングプロセスを導入しました。

チームの努力と新しいプロセスの結果、平均応答時間は4時間近くかかっていたのが、10月末には約2時間に短縮されました。今回のプロセス変更の目的は、効率的な運用と、出荷したコードについてコミュニティから問題が報告された場合に、エンジニアが迅速にフィードバックを得られるようにすることです。

また、この問題には品質保証の観点からも取り組んでおり、お客様へのバグの流出を未然に防ぐことを目的としています。外注のQA会社に依頼し、これまでに100以上の新しい自動テストを作成しました。テストカバレッジを迅速に向上させる方法として、私たちはこの方法に期待しています。

 

現在進行中の取り組みに関する最新情報

現在、エンジニアリングチームの最優先事項はパフォーマンスです。今、私たちが注目しているのは、データのロードとレンダリングです。ページにRepeating Groupがある場合、データを取得してからすべての要素を描画するまでの時間をいかに短縮するかを考えています。現在、3つのチームがこの問題に取り組んでおり、それぞれが異なる角度から問題に取り組んでいます。

  1. invisibleのエレメントの処理方法の最適化に取り組んでいます。現在、ページやRepeating Groupのセルに不可視要素が含まれている場合、その要素が表示されるまではすべての描画作業を行わないようにしていますが、それでもある程度の作業は必要で、不可視要素が多い大きなページではこれが積み重なっていきます。見えない要素がたくさんある大きなページでは、この作業が膨大になります。私たちは、要素を実際に表示するときまですべての作業を延期するために、どれだけ作業を最小化できるかを調べています。
  2. 別のチームでは、Repeating Groupが描画に必要なデータを事前に取得する作業を行っています。現在は、Repeating Groupのセルがデータを取得しても、そのセルを描画するまでデータの読み込みは開始されません。今後は、実行する必要のあるクエリを予測し、検索のロードと同時にクエリを実行して、Repeating Groupにデータを追加することを検討しています。これにより、さまざまな種類の検索やシナリオに対応できるよう、一連の改善を行う予定です。
  3. 最後に、新しいレスポンシブエンジンを担当しているチームは、HTMLとCSSをオンザフライではなく、前もって生成できるようにするプロジェクトに着手する予定です。これにより、全体的なレンダリング速度に大きなプラスの影響があると予測しています。

また、パフォーマンスに関する作業に加え、以下の作業も行っています。

  • QA: 前述のとおり、テストの構築を外部に委託し、現在100以上のテストを追加しています。
  • バージョン管理の信頼性:このプロジェクトを別のエンジニアに移行しました。このエンジニアは現在、スピードアップしており、今月中に作業を開始する予定です。計画では、より多くのシナリオのためのテストを構築することに集中し、さまざまな複雑なマージの動作を明確にします。
  • コードの typescript への移行: 現在の主な取り組みは、coffee-script から javascript への変換です。私たちのコードベースの48%がjavascriptになっています。
  • SelectPDFの置き換え:今のところまだ凍結しています。

 

この記事のまとめ

いかがでしたでしょうか?

何といっても新レスポンシブエンジンの話題はTwitterでも中心に盛り上がっていましたね。

単にUIが作りやすくなっただけでなく、レンダリング速度も改善されている利点があるのは嬉しい情報でした。

あとは、15歳の起業家がBubbleで作ったスタートアップが、Bubbleで作られたスタートアップを買収した記事も驚きですね。

個人的に関わってるサービス、前々から組み合わせると面白そうと考えていましたが先を越されました(笑)

 

Twitterではさらにリアルタイムで情報も扱っていますので、ぜひご確認ください。

Bubbleの開発やコーチングのご相談もお気軽に。

Twitterプロフィールへ

こちらもおすすめ

-月刊レポート
-, ,

© 2021 Bubble Challenge ノーコード開発の全て